■風俗情報:一度も風俗を利用したことの無い方へ

"ただ風俗と言いましても、残念ながら違法行為をしているような悪質な業者も存在しています。
法外な料金を請求されたり、女の子が一枚脱ぐ毎にお金がかかるような詐欺をしているのでご注意ください。
ピンサロも抜きキャバと同様に飲食業として営業許可を申請しているのでシャワーを設置していないく、おしぼりであそこを綺麗にします。
抜きキャバでの主なサービスは、キスや胸や秘部へのタッチ、フェラチオなどといった比較的ソフトなサービスとなっています。

 

抜きキャバの料金設定は、時間帯によって変化する変動性料金が採用されています。
このことから昼間の時間なら5000円程度で抜きを楽しむことが出来ます。抜きキャバはキャバクラのような店内レイアウトとなっており、女の子は口を使ってサービスをしてくれます。
ファッションヘルスのように個室がありませんので、他のお客さんや女の子から丸見えとなっています。"

ツーショットダイヤルはこちら
http://3455.tv/kaiin/2shot1.php
ツーショットダイヤル



■風俗情報:一度も風俗を利用したことの無い方へブログ:06月28日

こんちわっすー

シェイプアップをする時って、
「ウエストがすいた時、食べ物をちゃんと我慢できるだろうか?」
という不安ありませんか?

別に食べたらからといって、
何らかの罰則があるというわけではありませんし、
シェイプアップ中に食べ物を食べて、
他人から非難されることもありません。

だから、
「食べない」という意思を持ち続けることに
不安を感じるんですよね。

やっぱり
シェイプアップの最大の敵は…
「ウエストがすくこと」なんでしょうか?

でもね…

ウエストがすいた時、
ちょうど何かの作業をしていて、
食べ物を食べられなかったという経験はありませんか?

そして作業もひと段落をして、
少し何か食べようとした時には、
それほどウエストがすいていない…

こんな経験をした人って、結構いると思うんですが…

「ウエストがすいた」という感覚は、
他に集中して行わなければならないことがあったりすると、
忘れてしまうものなんですよね。

だから、
「ウエストが減ったなぁ〜」と感じたら、
何でもいいので、自分の興味のあることに集中してみましょう。
メールをするのもよし、仲間と話をしたり…

他のことに集中をしていると
空腹感はどこかにすっ飛んで行くはずです。

オンラインゲームなど、手を動かすことをしていると、
おやつの袋に手が伸びることも防げますよ!

空腹感を忘れるのに、それほど時間はかかりません。
せいぜい3分とか5分といったところではないでしょうか?

仲間とケータイでしゃべっていたら、
このくらいの時間はあっという間ではありませんか?

シェイプアップの最大の敵「空腹感」も、
意外と簡単にやっつけることができるんじゃないでしょうか?

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜