■風俗情報:超刺激的な風俗で楽しんじゃおう

"デリヘルというイメージから、ただ単にヘルスと同じようなことをするだけと思っている人も多いのではないでしょうか?
しかし最近のデリヘルにはイメクラやソフトSMなどを取り入れた変わった趣向のデリヘルもあるのです。
ヘルスやデリヘルなどでは、女の子と男性がお互いに攻め合ったりすることでしょう。
しかし性感ヘルスの場合には、基本的に女の子が男性に攻めていく形が多くなっています。

 

性感ヘルスはちょっと前までは非常に人気の風俗でしたが、店舗型のお店は法律の関係上、最近では少なくなっています。
最近では派遣型としてデリヘルのような営業形態をとって性感ヘルスを営業しています。性感ヘルスでのサービス内容というのは基本的によくあるファッションヘルスとほぼ同じ内容となっています。
ただし性感ヘルスでは、プレイが濃厚で舌を使用してねっとりとしたプレイを楽しむことが出来るのが魅力です。"



■風俗情報:超刺激的な風俗で楽しんじゃおうブログ:10月17日

テレビ(白黒テレビ)って、
昭和34年の皇太子明仁親王(今上天皇)と美智子様のご成婚を機に
普及し始めたそうですね。

オレがお子さんの頃、
テレビのある家はそれほど多くありませんでした。

当時は、街頭テレビというのがあり
多くの人がそれを見ていたようですが、
オレは見た記憶がありません。

オレの家は決して裕福なほうではありませんでしたが、
そういう時代の流れに乗るのが好きなお母さんのおかげか、
それともプロレス好きのパパのおかげなのかよく分かりませんが、
テレビを早々と買ったのでした。

当然ながら、近所の内では早い方でした。
テレビが家に無い人は、近所の家で見せてもらうというのが
当時は当たり前のことでしたので、
近所のお子さんたちが、
よくオレの家へテレビを見に来ていたのを覚えています。

その当時どんな番組を見ていたのかほとんど覚えていませんが、
たぶんパパはプロレスを見ていたと思います。
お母さんは…
「今日の料理」でも見ていたのではないでしょうか。

オレが覚えているのは、1つの番組の1つのシーンだけです。
それは、実写版の「鉄腕アトム」で、
鉄腕アトムが故障し、お腹のあたりを開いて修理しているところです。

修理シーンに興味を持ったのか、
強い鉄腕アトムが故障したのに驚いたのか、
いずれにせよお子さん心にかなり強烈な印象を与えたのだと思います。

白黒テレビは、真空管式でした。
テレビには放熱しやすいように穴がいくつか開けてありましたので、
そこから中をのぞくことができました。

のぞいて赤くともっている真空管を見るのが、
オレはなんとなく好きでした。

真空管が赤くともっていないと、テレビは故障でした。
パパが真空管を買ってきて、自分で取り替えて修理していました。